FC2ブログ


昨日に続き…

本日もインフルエンザについて書きます。
インフルエンザの予防には、充分な睡眠と栄養と言われます。
つまり、ウィルスに抵抗できる体力をつけておくことが大事というわけです。
近年は予防接種を受ける人が大変多くなっています。
この時期は高齢者の方や幼児、受験生を中心に予防接種を受ける方で病院が混雑するそうです。
予防接種は大変有効で、もしかかっても症状が軽減されるようです。
本校の生徒、教員の中にもすでに摂取を済ませたものが何人もいます。
ここで一つ御注意申し上げます。

注射後に腕を揉むか揉まないか。


インフルエンザ予防接種ガイドライン等検討委員会の指導にも次のようにあります。

「注射後は接種部位を清潔なアルコール綿で押さえる。接種直後に同部位を液が漏れ出ないように注意しながら数回揉む。この時点であまり強く揉むと皮下出血を来すこともあるので、特に血管の脆弱な高齢者や出血傾向のある被接種者ではこの点注意を要する。」

そうです、軽く揉んでください。インフルエンザの予防接種後は軽くもみましょう!
そうでないと翌日に摂取箇所が熱を持ち、腫れることがあります。

しっかりと予防をしましょう。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する